2007年 06月 19日
これぞ、近隣バトル!!
ッタク、、思い出したくもないが、とりあえずこちらでも報告。。(思い出し怒りしない範囲で・・・)
まず、”なると”を通じて、類似例や色々アドバイスを下さった方々ありがとうございました。
おかげさまで、私なりに参考に&事前の心構えができました。ドモm(_ _)m


事の経緯は、役所から「近隣BABA-(仮名)からクレームが入っている」と設計事務所に連絡があり、後日
担当Y君がB邸に挨拶に行ったら、そこのおばさんがこちらの話もろくに聞かず激怒りで門前払いされた
ことに始まった。
そして、2度目にY君が訪問した時も、1度目よりはまだ良かったものの、激怒り具合は変わらないらしい。
担当Y君はさすがに動揺していた、、。


そして、設計事務所の所長とも相談し、後日施主の私も同行しクレームの相手に説明に行く事になった。
Y君の話は聞いていたものの、、怒りの理由も理不尽だし、こちらに否は無いし、ましてや施主である
オレが行けば”普通の人間”であればおかしな事も言ってられないだろうと、意外と楽観的だったオレ。
楽観視というか、日に日に頭にきてムカムカしていたオレ。
事務所の所長との事前のやり取りでも2人で頭にきていて、「こちらが下手に出る必要は無い!」と、
そして当日我々が行ってそれでも「相手がおかしな事を言うようだったら途中で帰ろう!」と所長と
話をしていた。。考えれば考えるほどにムカツク!


まあ、それでもこんな話は即効で終わらせたいため、一応前日に勝負手土産?の”とらやの羊羹”を
渋谷のフードショーで購入w
そして、土曜日の朝現場で設計の2人と待ち合わせし、「改めてムカツク」と確認しあい、クレームの家へ。


事前の打合せ通りに、まず所長が挨拶しその後施主であるオレを紹介した。
施主も一緒に来る事は相手に伝えていなかったので、この時点で”普通の人間”であれば考えるであろう・・・
と思いオレが適当に挨拶し勝負手土産を渡そうとすると、「そんなものいらない!!」と拒否。

この時点で、カッチーンときたのは確かであるが、まあ話せば分かる話だろうと思っていた、。

が!話し始めたと思えば瞬間湯沸器状態でいきなり強気で文句の嵐。
「いやいや、チョット待ってくれ」とこちらが説明しようとしても聞く耳も持たない。

聞けば、一番怒っている原因はどうも「何で事前に計画の説明に来なかったのか!」との点らしい。
区の指導で、敷地境界から10m以内には説明の義務があるが、その家は”敷地も建物も”範囲に入っていない。
それでなくても近隣のアパート他30世帯前後を5回(日)くらい何度も説明に周ったのだ。
それを何度説明しても全く聞かない。

そして、「工事が始まり太陽の光が入らなく(入る時間が少なく)なった」と怒っている。※ピンクの雲マーク部分
今日の為にY君が説明用に『日影曲線』を作ってきてくれたが、なんと!オレの家でこの家に影を作る事が
ほとんど無いことが曲線から分かっていたのだ。
うちの建物がある場合と、無い場合(更地の場合)とを比較しても、うちの建物の影響はほとんど無い!
それを説明しようとしても聞く耳を持たない。
「現に住んでる私が言うのだから間違いない!」と、「裏の庭にも日が当たらなくなった!」と言うが、
確かにもしかしたら微妙に影を作る時間が増えたかもしれないが、ほんのわずかな時間(範囲)なはず。


聞けば、このBABA-(仮名)60歳代の後半のおばちゃんとのこと。
声を荒らげ、ペンを投げつけんばかりの勢いで、途中タバコをふかし興奮冷めやらない様子。笑えるワ、ッタク。
悪いがこちら3人全員一級建築士のプロだわ。 
そのオレらに向かってその態度とは、BABA-(仮名)恐るべしだわ。この世に存在してる価値ねぇーよ。。

暴言吐きまくりのこのBABA-(仮名)。
そこまで言われちゃー、さすがのオレも切れますよ。所長も切れてましたよ。
ただ、こちらの誰かが声を荒らげたら、、多分オレも切れた。。けど、そこはグッと我慢・・・
何度、「もうこんなんじゃ話しても仕方ない!」と言い、「もう、帰ろう!」とのどもとまで出ていた。


こちらが何か説明しようとすると「アンタらはそうやって計算とかばっかりで説明するが実際は違うんだ!」
とわけのわからない主張を繰り返す。
更なる文句は拡大し、「何であんな場所に3階建てを建てるんだ!」と激怒り。
立面図にボールペンで、「ココから上(3階部分)を取り壊せ」と狂った事を言い始める始末。。

やるわけないが、「今からそんなことできるわけが無い」と言えば、「だから事前に説明に来ればよかった」
と言うが、悪いが仮に事前に説明に来ていたとしたってそんな要望聞くわけねぇージャン。。

当然、法的に3階建てが可能な地域だし、近隣を十分考慮して前面道路からかなりセットバックしたり、
道路に面した部分は近隣になるべく圧迫感を与えないようにほぼ2階建てレベルにしたりと、こちらは
色々考慮していると言っても聞く耳を持たない。

「この近辺では近隣を考慮して3階建てなんて建ててる人はいない」と分けのわからない主張をする。
そのほかにも暴言を吐かれまくり。あまりにムカツクので端折る...

「じゃあなんだ!BABA-(仮名)邸の前にうちなんかより全然高いマンションが建っているが、それは
なんで文句言わないんだ!」と言えば、「それは、、、事前にちゃんと話し合いをしたから・・・」と、
トーンが下がる。
「じゃあなんだ!!うちの隣(さらにBABA-邸の近く)も多分そのうち建て替えすると思うが、
その時3階建ての計画には絶対に反対するんだろうな!!」とか、「その周りだって建て替えて3階建て
を計画する場合は、法的に許されてもBABA-アンタは反対するってことだろうな!」と詰め寄れば、
「そんなことをアンタにどーこー言われる筋合いは無い!」とッタクこのBABA-は懲りない。
どの口から次々と暴言が吐かれるのかと、マジマジと見てしまうワ。


ムカツクワ!、長くなるワ!仕事しなくちゃだワ、で続きはまた次回♪


↓配置図。コレみたら分かると思うけど、クレーム言われても「アナタどこの家の人?」って感じだったよ。。。
c0038038_13232494.jpg

[PR]

by w_tom | 2007-06-19 13:21 | ペットと暮らす家♪


<< 近隣バトル!!(第二話)      クライアント・・・Yさん! >>