2006年 08月 22日
フルネームは、「分電 でんこ」です♪
住宅ローンの件ですが、結果的に3行に打診して、我が家の希望する内容の”満額回答”をくれたのは1行のみ。
その1行は、”ダメもと”と思っていた内容も盛り込めたのでOKってことッス♪
あとは、今月末の所有権移転・土地引渡しを待つのみ!

9月に入ったら(土地をゲットしたら)すぐに敷地の「地盤調査」を行い、その他もろもろガンガンいきます♪
その、地盤調査結果はある意味ギャンブル的要素があります。
(売主様は、「あそこの地盤はガチガチで最高だ!」と言っていますが、そんなものは
本調査してみないと分からないのですw)
固い良質地盤であれば「当たり!」で基礎も簡易なものですみます。
その逆で地盤が悪いと「ハズレ(-_-;」で地盤改良や杭が必要になったりと、余分な出費が発生します。。
がんばれ!ビバうちの地盤!


「オール電化」 vs 「ガス」の件ですが、話が進展しております。
個人的に前々からしっくり来ていなかったのが、、我が家の場合「ホントのところ、オール電化(深夜電力)
にして電気代のメリットあるのか!?」と言う事です。
そんなことで、少し前に銀座のTEPCOへ殴りこみ!イヤ、、相談に。
ガスと電気の1年分の請求書を持って準備万端で「オール電化相談コーナー」のフロアーへ行った。
相談カウンターにはオヤジが1人座っていた、、オレはふっと「あの”置物みたいなオヤジ”で大丈夫なのか。。」
と不安に思ったが、いざ話をするとそれなりに納得のいく話が聞けた。

「季節別時間帯別電灯契約」とすると、昼間の時間帯(10:00~17:00)の料金は一般の従量電灯料金
(現在使用している契約)より若干高いものの、それ以外の時間帯の料金単価は安くなる。
朝晩の電気料金の安さはそれほどではないものの、深夜(23:00~7:00)は7.00円/kwhとなるため
従量電灯料金(第3段階)21.25円/kwhの1/3である。
オール電化住宅なら”全電化住宅割引”でさらに割引らしい。という事で、オール電化の電気料金の
メリットは”あり”と思われる。

給湯は、検討する余地もなくエコキュートとするが、キッチンにはIHクッキングヒーター・・・、
あとは↑コイツの使い勝手だけが問題。


ココまでの総論。
イニシャルコスト(初期投資)は、両方式共通のエアコンや照明は除いて考えると、電化の場合の「エコキュート+
IHクッキングヒーター」、ガスの場合の「ガス湯沸器+ガスコンロ」では、電気が圧倒的に高い。2倍以上かな。。。
ただし、”我が家の場合”新築住宅となるため、ガス工事費(引込み・室内)をゼロとすることが出来るので、
感覚的には両方式とも総工事費は”ほとんど同じ”と考えられそうだ。

そして、問題のランニングコスト。
オール電化による電気代のメリットはありと考える。
現在の我が家を想定して考えると、今の設備でオール電化の電気料金が採用されたと仮定すると、月々の電気料金は
多少下がると思われる。
あとは、オール電化にした場合に追加される機器の電気代を考える。
給湯器=エコキュートの電気代は、深夜(電力)にお湯を沸かすことと、ヒートポンプを採用している事から、
電気の使用料はかなり少ない。
残るのは、IHクッキングヒーターの電気代だ。自慢できる話ではないが、それほどキッチンの使用率も高くない
我が家であれば、昼メシの時間帯だけ電気料金は割高だが、それほど強烈に電気代がかかるとも思えない。
そもそも、オール電化にした場合はガスの使用料金が基本料金も含めてゼロとなる。
となると、悪くても”同じくらい”、感覚的には1ヶ月のガス料金分の電気代が高くなるとも思えないので、
”電気が有利(安い)”と考える。

と言う事で・・・
☆イニシャルコストは、ほぼ同じ。
☆ランニングコストは、電気が若干有利(安い)。
☆そして、電気式は室内がクリーンで、室内環境(キッチン内の暑さ)も良い。

と言う事で、でんこちゃん有利の状況です! 

で早速、のりこさんもすすめてくれた、クッキングヒーターの教室にも行ってきたので、また後日にその話も書きます。
TEPCOに行ったついでに実施してきたのですが、さすがにガスコンロは置いてありませんでした、
それこそ”オール電化の施設”なんでしょうネw
c0038038_1892035.jpg

[PR]

by w_tom | 2006-08-22 18:10 | ペットと暮らす家♪


<< 画像で綴る最近の出来事♪      人生 >>