2005年 12月 07日
ボスねこ「とむ」、逝く・・・
今日の夜20:30ごろ、、我が家のボスねこ「とむ」がとうとう・・・逝ってしまった。16歳と6ヶ月の人生だった。

2~3日食欲がなく調子がおかしいので、心配になり昨日の朝病院に連れて行き昨日1日は調子が良いようだったのだが、今日の夕方電話をしたところ急に様態が悪くなったと言うので予定していた仕事を中止し病院に直行。

どうも夕方から急に様子がおかしくなり、肝臓・腎臓の数値の異常や貧血の症状がでているらしく、到着した時のとむはモウロウとしていて呼吸はしているものの目は開いたままでグッタリしていた。。

コレまでの経緯と今後の対応を説明してくれたが・・・結局は体全体が総合的にガタガタの状態・・・、貧血対策としての輸血もすすめてくれたが耐えられるのか心配だし、、かと言ってこのままとむを置いて帰りたくはないので、、相方とも相談し「このままの状態で家に連れて帰ります」と決めて先生に報告した。。そして、車を家に取りに行っている途中で息を引き取った事を相方からの電話で聞いた。

妻はオレと出会った時に4匹のネコを飼っていた、チンチラばかり4匹でその中で一番大きく存在感があり、そして一番ワガママで感情をむき出しにして最初のうちはオレにもシャーシャーと威嚇してきたのが”とむ”だった。。

そのうちすぐに打ち解けたが、ヤツのワガママは半端じゃなく、おなかがすくと毎朝オレを起こしに来て、ヤツのオシッコには悩まされ家中の壁に「とむきんガード」と言われるペットシーツを貼りまくっている時期もあった。。

そんな「とむ」は今別の部屋でスゲェきれいで穏やかな顔をしてまるで眠っているようだ、、。今晩一緒に寝て、明日「まこりん」の眠っている霊園に連れて行く。。

我々飼い主も前々から覚悟はしていたものの、やはり涙がでてしまいます。。ただ、悔いの無い看病ができたと思うし、とむもそれほど苦しまなく息を引き取ったので良かったと思います。

立派なボスの役目ご苦労様。長い間どうもありがとう。
[PR]

by w_tom | 2005-12-07 02:27 | ニャンコ


<< 気分を変えて・・、      買い物メモ!? >>